ようこそ
愛知工業大学情報科学部情報科学科の伊藤暢浩研究室のWebページです。

研究概要
私たちの研究室では,ロボカップを題材としたマルチエージェントシステムについて研究を行なっています.

マルチエージェントシステムについて
与えられた環境の中で、自ら考えて行動する主体のことを「エージェント」と言います。
例えば、ロボカップ3Dサッカーでの選手や、レスキューシミュレーションでの救急隊などがエージェントにあたります。 マルチエージェントシステムとは、そのようなエージェントが複数集まり、相互に依存しあっているシステムのことです。
私たちの研究室では、マルチエージェントシステムの枠組みの中で人間とロボットが協力しあって暮らせる世の中を作っていくために、人工知能や情報工学、ロボット工学などについて研究をおこない、それを実現します。
Robocup Rescue Similation
コンピュータ上に,地震による建物の倒壊や火災,道路の閉塞を発生させ,それに対し災害救助隊が,火災の消火や道路閉塞の啓開,市民の救助を行うシミュレーション. 各エージェントの自律行動による災害戦略や協調動作を通して,レスキュー活動の効率化を目指す.
Robocup Soccer Similation 3D
コンピュータースクリーンフィールド上で,標準プラットフォームリーグで使用されるNAOをモデル化し,人工知能プログラミングした11対11のエージェントでサッカーを行う.
人狼 AI
パーティゲーム「汝は人狼なりや?」を対象にした,各役職のエージェントの作成や強化を行う.また,それを通して不完全情報ゲームにおいて,人工知能で人間に勝利することを目指す.